Search


since 2006.07.31


宇宙大怪獣ドゴラ (昭和39年・1964)

B000ANW0Z0宇宙大怪獣ドゴラ [DVD]
丘美丈二郎
東宝 2005-10-28

地球SOS!ビルも人間も吸い上げる恐怖の大怪獣!

 1954年のゴジラ登場以降、アンギラスラドンバランモスラと陸・海・空に君臨する魅力的な新怪獣を次々と生み出してきた東宝が次に選んだ題材は"宇宙怪獣"。しかし、アイディア&イメージ先行だった為、世界に誇る円谷特撮技術をもってしても当時の特撮技術では実現できない特撮表現が多く、映画の軸を宝石を巡って暗躍するギャングを中心とする随所にユーモアを交えたアクション主体にせざるを得なかった、特撮映画としては失敗作ともいえる作品です。また、その為『宇宙大怪獣ドゴラ』は特撮映画ファンの間では、ポスターの絵柄が実際の特撮映像を完全に超越してしまっていることで有名な作品になっています。


宇宙大怪獣ドゴラ 本作『宇宙怪獣ドゴラ』では、勝算があっての選択だったと思われますが、CG全盛の現在とは違い、当時の創意工夫での特技撮影においてクラゲのような触手を持ったアメーバ状の生物として"ドゴラ"を設定したことと、宇宙大怪獣と大きくアピールしたが故の観客の期待度と実際の映像とのギャップが失敗作となった原因となっています。また、同年(昭和39年・1964)には東宝特撮怪獣映画の傑作『モスラ対ゴジラ』、『三大怪獣 地球最大の決戦』が『宇宙大怪獣ドゴラ』に前後して公開されている為、本作の特撮怪獣映画としての出来の悪さと合わせて一段と地味で目立たない、知る人ぞ知るというマニアックな存在の特撮映画ファンしか振り返らない映画にしてしまっています。

 「ヒトデとクラゲとタコを合わせたようなような、宇宙を海にして産まれた宇宙細胞」という設定で創造された"ドゴラ"の撮影はソフト・ビニールで作られたドゴラを水槽の中で圧縮ポンプの使用による水流によって浮遊感のある動きを表現したり、アニメーションを併用したりと試行錯誤した腐心により行われていますが、映画冒頭のガスを使用して撮影された呼吸しているような生物感のある映像、操演やフィルムの逆回しなどのテクニックを駆使した火力発電所で煙や石炭が空中に舞い上がるシーンなどの特撮映画としての見所はあるものの、肝心の自衛隊との攻防シーンではドゴラが一方的に攻撃を受けているようにしか見えず、映画全体の出来としては特撮映画として失敗作といわざるを得ず、昭和30年代に困難な題材に円谷特撮が果敢に挑戦した記録としてのみ評価される作品になっています。

*東宝の宇宙怪獣というアイディアは『宇宙大怪獣ドゴラ』の4ヶ月後に公開された『三大怪獣 地球最大の決戦』に登場する金色に輝く三つ首の名怪獣"キングギドラ"で実を結ぶことになります。

*東宝で1つの怪獣単体での主演作は『宇宙大怪獣ドゴラ』が最後。これは本作が失敗したことによる方向転換というより、東宝が『キングコング対ゴジラ』(昭和37年・1962)が成功したことによる怪獣対決路線に本格的に移行したのが原因です。ただし、当時好評を持って迎えられた怪獣対決路線ではありますが『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』(昭和40年・1965)などのように単体主演作でも良かったのではなかったのかと思える作品にさえ唐突に怪獣(バラゴン)を登場させてしまうという弊害も生んでいます。


宇宙大怪獣ドゴラ_写真はイメージです[宇宙大怪獣ドゴラ - ストーリー]
 世界各地で異常な現象が頻発する中、テレビ衛星が謎の物体に破壊されてしまう。ある日の深夜、銀座の宝石店襲撃した浜子(若林映子)達ギャング団一味は金庫を溶かし宝石を空中に巻き上げるアメーバ状の怪生物と遭遇して逃走する。時を同じくして世界中の宝石店、ダイヤ原石運搬車などが襲われるダイヤ盗難事件が続発。
 世界的規模の盗難事件に警視庁外事課・駒井刑事(夏木陽介)は強盗団のマーク(ダン・ユマ)に翻弄されながらも事件を追う。しかし、強盗事件は国連宇宙対策本部の調査により炭素物質をエネルギー源とする放射能の影響で突然変異した宇宙細胞の仕業であることが判明。
 "ドゴラ"と名付けられた未知の宇宙生物は炭素物質を求めて石炭の豊富な北九州に姿を現して被害を広げて行くが、自衛隊の決死の集中砲火によって消滅する。しかし、消滅したかと思われたドゴラは爆発による細胞分裂により増殖、結果的にドゴラへの脅威を大きくしてしまう。攻撃の度に分裂・増殖を繰り返しながら巨大化してゆくドゴラに対して成す術が無い人類であったが、結晶構造学の権威・宗方博士(中村伸郎)の分析によりドゴラの唯一の弱点が発見された。。。。


宇宙大怪獣ドゴラ ポスター.jpgスタッフ&キャスト
製作・・・・・・・・・・・田中友幸、田実泰良
監督・・・・・・・・・・・本多猪四郎
特技監督・・・・・・・・・円谷英二
脚本・・・・・・・・・・・関沢新一
原作・・・・・・・・・・・丘見丈二郎 『スペース・モンス』
音楽・・・・・・・・・・・伊福部昭
   
駒井刑事・・・・・・・・・・・夏木陽介
マーク・・・・・・・・・・ダン・ユマ
宗方博士・・・・・・・・・中村伸郎
桐野・・・・・・・・・・・小泉博
昌代・・・・・・・・・・・藤山陽子
岩佐・・・・・・・・・・・藤田進
髭の男・・・・・・・・・・・河津清三郎
浜子・・・・・・・・・・・若林映子
駒井の上司・・・・・・・・田崎潤
新田・・・・・・・・・・・船戸順

(2007/03/10)

B000ANW0Z0宇宙大怪獣ドゴラ [DVD]
丘美丈二郎
東宝 2005-10-28

| HOME |
バンダイネットワークス株式会社

trackbacks

●宇宙大怪獣ドゴラ/三億円の隠し場所!? from アナロ-ブログ

MOVIE    ★積年の思いを果たして初鑑賞       東宝マイナー特撮の金字塔?            宇宙大怪獣ドゴラ     ●この作品、なぜか...

宇宙大怪獣ドゴラ from 意味なし芳一

昭和39年 東宝 監督:本多猪四郎 脚本:関沢新一 特技監督:円谷英二 音楽:伊福部昭 出演:夏木陽介(駒井刑事) 藤山陽子(桐野昌代) ダン・ユ...

変化球の特撮大作★「宇宙大怪獣ドゴラ」 from   ★モイラの名画座★

「悪役の怪獣が全然怪獣らしくない」、「東宝特撮でお約束のぶっこわしシーンが少なすぎ」などなど、怪獣映画ファンの間では評判がイマイチみたいな、'64年東宝の...

宇宙大怪獣ドゴラ 東宝特撮映画DVDコレクション 人間VS怪獣 from SF KidなWeblog

 SF好きを自称している以上、東宝特撮映画はメジャーどころは高校時代まで、マニアックどころは大学時代までに見ておきたいところ。  ところが残念ながら大学卒...

comments

こんばんは。
この映画は未見ですが、スチールで使われているような映像はほとんど映画には出てこない、という話はよく聞いていました。一度興味本位で観てみたいのですが、レンタルでも見かけないし、、、買うしかないかなぁ。でも、手元においておきたいというほどでもないんだよなぁ。

  • 氷川
  • 2007年03月11日 00:43

確かに特撮映画マニアにか気にかけないような映画ですね。
僕も特撮映画ファンですが、人にはお勧めできない映画です。

>昭和30年代に困難な題材に円谷特撮が果敢に挑戦した記録
全くその通りですねー。同感です。

  • waka
  • 2007年03月12日 21:50

>>スチールで使われているような映像はほとんど映画には出てこない
ゴジラ映画をスタートに特撮映画ファンとして色々観始めてからも暫く見ることができなかった映画なんですが、最初に観た時は私もかなりガッカリしました。^^;
でも、何度か見直しているうちに、当時の東宝暗黒街モノの映画の雰囲気がそのまま出ているし、SFテイストの加わったギャング映画としてみれば、決して傑作ではないにしても、これはこれでアリかな、ぐらいには思えるようになりました。
この映画から3年後にボンドガールになる若林映子もなかなか良かったし。。。。

  • axis_009@管理人
  • 2007年03月16日 11:26

 これ、お隣の北九州市が舞台なんで凄く親近感があります。
若戸大橋がドゴラに破壊されるシーンでは「おおっ」と思ってしまいました。今なら確実に北九州は舞台にならなかっただけに
当時の時代背景も偲ばれる映画です。

>ポスターの絵柄が実際の特撮映像を完全に超越してしまっていることで有名な作品
僕も初めてみた時は、予備知識はあったものの、実際に見てガッカリしました。

>SFテイストの加わったギャング映画
そういう感覚で見るのが正解かも。

  • 氷川
  • 2007年07月10日 02:53


comment form

(Godzilla and Other Assorted Fantastic Monsters にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


バンダイネットワークス株式会社

amazon.co.jp


ゴジラ DVDコレクションI
ゴジラ DVDコレクションI(5枚組)
■ゴジラ
■ゴジラの逆襲
■キングコング対ゴジラ
■モスラ対ゴジラ
■特典ディスク
『海外版 モスラ対ゴジラ』


ガメラ生誕40周年記念 Z計画 DVD-BOX
B000CEGVJS

Category Archives

クレジットカード




クレジット・カードはメインとサブの2枚を持つのが基本。それ以上の枚数を持っていても、年会費だけ払って使う機会がなかったり、各カードのポイントも分散されて無駄になってしまうだけです。
現在、個人的にオススメの組合せは、プライベート、そしてビジネスに、あらゆる場面で使える"三井住友VISAカード"と永久年会費無料の"楽天カード"の組合せです。VISAとJCBの両方が持てるように楽天KCカードはJCBを選んでおくのがベスト!!


宇宙大怪獣ドゴラ (昭和39年・1964)
[特撮映画レビュー/ストーリー etc.]