Search


since 2006.07.31


フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン) (昭和40年・1965)

B000JJR9COフランケンシュタイン 対 地底怪獣 [DVD]
馬渕薫
東宝 2007-01-26

恐怖の怪人か?凶悪の新怪獣か?日米合作の黄金娯楽巨編!
心技体揃う怪獣映画の最高峰を心して見よ!

 子供向けへと変貌を遂げて行く東宝特撮怪獣映画の中で従来のシリアス路線を一手に引き受けた東宝版"フランケンシュタイン"の1作目。フランケンシュタイン、地底怪獣(バラゴン)ともに怪獣としては比較的小さい20~25メートル程度の大きさに設定されているため、ミニチュアも通常の怪獣映画に比べて大型となり、その分作りが精密となっているためフランケンシュタインが巨大化して町を徘徊するシーンなどでリアリティーのある画作りに成功しています。


 初の日米合作怪獣映画であり、元々は『フランケンシュタイン対ガス人間』として企画され、その後対戦相手をゴジラ、そして最終的には新怪獣"バラゴン"へと変えて製作、日本版、海外版(ラストで大ダコとの戦いが追加されている)と違った二通りのエンディングのものが作られています。また、『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』での人型の巨人と怪獣の対決はそれまでの怪獣対決と較べると異色ともいえとも言える作品で、後のウルトラマンのプロトタイプになったのではないかと言われる作品でもあります。

フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン).jpg ストーリー的には怪獣を出さなくても「人が作った"人間"の悲劇」の物語として地味ながらも良質な映画に仕上がったのではないかと思われる内容で、怪獣を出した方が興行的にもアピール度が高いとはいえ、実際に地底怪獣(バラゴン)の登場は付け足しの感もあります。とはいえ、バラゴンのデザイン自体は見事で、この程度の扱いでの映画出演は勿体無いほどの出来。結局興行的に成功しなかった作品への出演で一般的な知名度は低いものの、バラゴンは東宝怪獣映画ファンには人気の高い怪獣となり、その後復活して幾つかのゴジラ・シリーズへの出演も果たしています。(『怪獣総進撃(1968年)』、『ゴジラ モスラ キングギドラ大怪獣総攻撃(2001年)』(2001年)、『ゴジラ FINAL WARS(2004年)』)
 また、着ぐるみの出来も良かったようで、この作品以降パゴス(ウルトラQ)、ネロンガ、マグラー、ガボラ(ウルトラマン)などに作り変えられ、『怪獣総進撃』の際に再びバラゴンへと作り直されて使用されています。

 『美女と液体人間』、『電送人間』、そして初期企画段階での対戦相手だったガス人間の登場する、美しき踊りの師匠(八千草薫)とガス人間にされてしまった悲しみを背負う水野(土屋嘉男)の悲恋の物語を描いた名作『ガス人間第1号』(フラバラと同じ馬淵薫脚本)などの"変身人間"路線と怪獣映画の融合とも言える作品です。


[フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン) - ストーリー]
 第二次世界大戦終戦間際、人造兵士計画のために日本の同盟国ドイツから広島に永遠に生き続けるフランケンシュタインの心臓が運び込まれるが、広島には原爆が投下され心臓は紛失した。15年後、広島の放射線医学研究所のボーエン博士(ニック・アダムス)と助手の季子(水野久美)は放射線を浴びながらも強靭な生命力を持つ一人の浮浪児を保護する。川地(高嶋忠夫)は急激に成長して巨大化する少年を再生したフランケンシュタインの怪物ではないかと疑念を抱く。
 少年は興奮すると誰にも手が付けられないほど暴れたが、優しく接してくれた季子の言うことだけは聞いていた。しかし、大きくなりすぎて倉庫へと入れられた少年は、ある夜取材に訪れたテレビ局のライトに怒り倉庫から逃走。倉庫には千切れてなおも動き続ける手が残されおり、少年がフランケンシュタインの怪物であることが断定される。
フランケンシュタイン対地底怪獣_バラゴン.jpg その後、更に巨大化した少年の姿が琵琶湖で目撃され、同じ頃各地で頻発していた不思議な失踪事件もフランケンシュタインの怪物の仕業だと疑われる。少年の無実を信じるボーエン博士、季子、そして川地の3人は彼を探し求めるが少年は発見できない。そして、少年を探しに富士の樹海に入った季子達の前に失踪事件の真犯人である地底怪獣(バラゴン)が地中から出現。地底怪獣が季子達に迫った時、フランケンシュタインの怪物となった少年が現れた。。。。


フランケンシュタイン対地底怪獣 ポスター.jpgスタッフ&キャスト
製作・・・・・・・・・・・田中友幸
監督・・・・・・・・・・・本多猪四郎
特技監督・・・・・・・円谷英二
脚本・・・・・・・・・・・馬淵 薫(木村 武)
音楽・・・・・・・・・・・伊福部昭

フランケンシュタイン・・・・・・・・・・・古畑弘二
フランケンシュタイン(子供)・・・・・・中尾純夫
地底怪獣(バラゴン)・・・・・・・・・・・中島春雄

川地堅一郎・・・・・・・・・・・高島忠夫
ジェームス・ボーエン博士・・・ニック・アダムス(声・納谷悟朗)
戸上季子・・・・・・・・・・・水野久美
河井大尉・・・・・・・・・・・土屋嘉男
遠井田鶴子・・・・・・・・・沢井桂子
住宅の主人・・・・・・・・・沢村いき雄
岡山県警本部長・・・・・・田崎潤
田所警部補・・・・・・・・・・佐原健二
大阪府警署長・・・・・・・・藤田進
大阪府警幹部・・・・・・・・伊藤久哉
自衛隊幹部・・・・・・・・・・小杉義男
リーセンドルフ博士・・・・・ピーター・マン(声・熊倉一雄)
須賀博士・・・・・・・・・・・・中村伸郎
広島衛戍病院軍医・・・・志村喬

(2006/08/05)

B000JJR9COフランケンシュタイン 対 地底怪獣 [DVD]
馬渕薫
東宝 2007-01-26

| HOME |
バンダイネットワークス株式会社

trackbacks

「フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン」 from 邦画ブラボー

1945年、敗戦直前に日本に運び込まれた 「フランケンシュタインの心臓」が 広島の原爆によって喪失。 15年後、小動物を襲っては食べる、奇怪な少年が出現...

古代怪獣 対 原始怪鳥 from 日々閑話

{{{:  ここは、東京と大阪を結ぶ弾丸道路のトンネル工事現場です。  中では沢山の人が一刻も早くトンネルを完成させようと働いています。  今夜。こ...

フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン) from 運命の女を求めて

フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)(本多猪四郎 特技監督・円谷英二) ☆☆★ 1965(東宝) 日本映画専門チャンネルで鑑賞 怪作「...

【映画】フランケンシュタイン対地底怪獣 from いくらおにぎりブログ

【「フランケンシュタイン対地底怪獣」本多猪四郎 1965】を見ました。 おはなし 敗戦間際のドイツで研究されていた不死の研究。その成果である不死身の心臓...

フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン #607 from 映画のせかい2

1965年 日本 90分 先に見てしまった「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」は続編というよりも姉妹編。登場人物はほぼ同じだが、役名が違う。水...

フランケンシュタイン対地底怪獣〜午前三時の独り言 from 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ

フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)(1965)、何を隠そう僕が高校時代まで、小さい頃みたゴジラ系の児童書でのフランケンシュタイン怖さが忘れられず{...

『フランケンシュタイン対地底怪獣』(1965) 人間が怪獣と戦うとこうなるんですね! from 良い映画を褒める会。

 最近、自分のブログ更新記事を眺めていると、ほとんど音楽映画と怪獣映画しか扱っていない事に気付きました。現在の興味の対象がそっち方面に向いているので仕方が...

私のトラウマは怪獣映画だったのか… from シネマるマンガぁ?byちゃとと

私ちゃととは、ホラー映画が苦手と常々申し上げておりますが、その原点は幼い頃に映画館で観たフランケンシュタインなのでした。 家族で観に行ったので、多分、目...

ビデオ 「フランケンシュタイン対地底怪獣」 from Mr.Bation

レンタルDVDが無かったのでビデオで借りる。{/hiyo_en2/} 「フランケンシュタイン対地底怪獣」1965年 監督:本多猪四郎 終戦直前、ドイツ...

フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン) 07117 from 猫姫じゃ

フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)Furankenshutain tai chitei kaijû Baragon 1965年   ...

comments

『海外版』の特典ディスクに釣られ、『東宝特撮 巨大生物箱』を購入。
『フランケンシュタイン対地底怪獣』は、幼少の頃、テレビで見て、ラストにタコが出現するのが印象に残っていた。「ゴジラ」とは異なり、「フランケンシュタイン」は、怖いもの見たさ。私は、ホラーに興味が無いので、『サンダ対ガイラ』とあわせ、ギリギリの映像作品だ。円谷英二特技監督の「生理的な嫌悪感を覚えない。」である。
ビデオソフト、LD、DVD(旧版)と購入していたが、今回、海外版の謎が少しとけたようだ。タコの出現=即、海外版ではないという事だ。分売せずに、特典にするのも凄い。
本来は人間でありながら、異質の生物として、社会では受け入れられないフランケンシュタイン。姿や形で判断してしまう事の、人間の愚かな部分を見事に描写しているが、こういう作品こそが、戦後に導入された、授業科目の「道徳の時間」よりも、価値があると思われる。何度見ても、考えさせられる作品である。

こんばんは!
まさにおっしゃるとおりですね。
変身人間シリーズとしても、見たいと思いますが、
やはり巨大化したら、怪獣と戦うしかなかったか、、、
悩むなぁ、、、

確かにバラゴンは余分でしたね。まぁ、タイトル自体が「フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)」ですけど。

>怪獣を出さなくても「人が作った"人間"の悲劇」の物語
このままでも面白い映画だと思いますが、そういう話でも見て見たかったですね。でも、怪獣を登場させて対決物として終わらせないと、血なまぐさいラストになってしまいそうな可能性もありますね。

  • 氷川
  • 2007年07月10日 02:46


comment form

(Godzilla and Other Assorted Fantastic Monsters にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


バンダイネットワークス株式会社

amazon.co.jp


ゴジラ DVDコレクションI
ゴジラ DVDコレクションI(5枚組)
■ゴジラ
■ゴジラの逆襲
■キングコング対ゴジラ
■モスラ対ゴジラ
■特典ディスク
『海外版 モスラ対ゴジラ』


ガメラ生誕40周年記念 Z計画 DVD-BOX
B000CEGVJS

Category Archives

クレジットカード




クレジット・カードはメインとサブの2枚を持つのが基本。それ以上の枚数を持っていても、年会費だけ払って使う機会がなかったり、各カードのポイントも分散されて無駄になってしまうだけです。
現在、個人的にオススメの組合せは、プライベート、そしてビジネスに、あらゆる場面で使える"三井住友VISAカード"と永久年会費無料の"楽天カード"の組合せです。VISAとJCBの両方が持てるように楽天KCカードはJCBを選んでおくのがベスト!!


フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン) (昭和40年・1965)
[特撮映画レビュー/ストーリー etc.]