Search


since 2006.07.31


地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン (昭和47年・1972)

B0011YNN4E地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン [DVD]
東宝 2008-03-28

宇宙のわるもの怪獣をやっつけろ!ゴジラがんばれ地球をまもれ!

 "キングギドラ"と並ぶ人気悪役怪獣"ガイガン"初登場!グロテスクで退廃的なムード漂う前作『ゴジラ対ヘドラ』の反動からか、今作では子供を楽しませる事をはっきりと意識した内容になっており、登場する怪獣も"ヘドラ"のモノトーンから"黄金色"のキングギドラ、カラフルな配色"のガイガン、と色彩も派手になっています。
 徐々に『仮面ライダー』を始めとする等身大変身ヒーロー・ブームへと移行した"第二次怪獣ブーム"の中心が、まだ巨大怪獣物にあった最後の時期の作品で、侵略者"M宇宙ハンター星雲人"と地球側登場人物のスパイ・アクション映画的な痛快なストーリー、子供受けするカッコイイ新怪獣ガイガンの人気もあって『ゴジラ対ガイガン』は昭和ゴジラ・シリーズ後期作品群の中で最大のヒットを記録した作品です。


ゴジラ対ガイガン 映画の冒頭から"ゴジラ"が登場。漫画の様に"フキダシでアンギラスと会話"をしたり、アンギラスとタッグを組んで地球の危機に駆けつけるなど、子供を楽しませる為の工夫が随所に凝らされています。映画自体も当初は『キングギドラの大逆襲』として企画され、"ガイガン"はサブ的な扱いでしたが、新怪獣をメインに据えたほうが子供たちによりアピールできる、というマーケティング的な判断からメイン・キャラクターへと昇格。タイトルも『ゴジラ対ガイガン』へと変更されています。
 宇宙恐竜を改造して作られたサイボーグ怪獣"ガイガン"のメカニカルで無機質でありながら、生物的なフォルムも残すデザインは絶妙。キングギドラをメインから引きずり落としただけあって、かなりインパクトのある怪獣に仕上がっており、特にモノアイは印象的。また、極彩色とも言える華やかなカラーリングで、胸部の色分けされた部分などは『源氏物語絵巻』を参考に十二単をイメージして配色されています。

 円谷英二亡き後、(前作『ゴジラ対ヘドラ』も同様でしたが)この時期のゴジラ映画はゴジラが負傷し満身創痍で戦うのが特徴。ヒーローが汚れ、傷つく、という当時(70年代前半)の映画などからの影響が強く、個人的な感想としては「全日本怪獣プロレス」から「新日本怪獣プロレス」への変化(?)。大映"ガメラ"のお株を奪うかのような負傷シーンが続きますが、子供達の怪獣への憧れ、そして子供特有の残酷な欲求を満たしたのか、傷つき血を流すゴジラは熱狂を持って迎えられたのでした。


ゴジラ対ガイガン.jpg[地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン - ストーリー]
 "世界子供ランド"建設委員会の技術者である志摩武士(村井国夫)が消息を絶った。残された日記に記された「子供ランドの平和計画」が収められているという2本のテープを偶然手に入れた漫画家の小高源吾(石川博)はテープを再生してみるが奇妙な音がするだけ。しかし、遠い怪獣島でその音に気づいた"ゴジラ"は、相棒の"アンギラス"に偵察を命じる。
 志摩の妹、マチコ(梅田智子)と知り合った小高は、志摩が世界子供ランドに監禁されていることを知り救出に向かうが、逆に捕らえられテープも奪われてしまう。世界子供ランドは地球侵略をたくらむ"M宇宙ハンター星雲人"の前線基地であり、テープは宇宙怪獣"ガイガン"と"キングギドラ"を操る為のコントロール・テープだった。M宇宙ハンター星雲人は2頭の宇宙怪獣を使って地球侵略を開始。圧倒的な破壊力を持つ宇宙怪獣により街は破壊し尽くされ、防衛隊の攻撃をものともしない宇宙怪獣たちに対して人類は成す術が無かった。しかし、"地球の危機を察知したゴジラが、地球を守る為に怪獣島から出撃"した。。。。


ゴジラ対ガイガン ポスター.jpgスタッフ&キャスト
製作・・・・・・・・・・・・田中友幸
監督・・・・・・・・・・・・福田純
特殊技術・・・・・・・・中野昭慶
脚本・・・・・・・・・・・・関沢新一
音楽・・・・・・・・・・・・伊福部昭

ゴジラ・・・・・・・・・・中島春雄
アンギラス・・・・・・・大宮幸悦
キングギドラ・・・・・・伊奈貫太
ガイガン・・・・・・・・・中山剣吾

小高源吾・・・・・・・・石川進
友江トモコ・・・・・・・菱見百合子
志摩マチコ・・・・・・・梅田智子
高杉正作・・・・・・・・高島稔
志摩武士・・・・・・・・村井国夫
クボタ・・・・・・・・・・・西沢利明
Mハンター星雲人指令・・藤田漸


(2006/02/16)

B0011YNN4E地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン [DVD]
東宝 2008-03-28

| HOME |
バンダイネットワークス株式会社

trackbacks

地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン(ゴジラ12)#157 from 映画のせかい

1972年 日本 89分 シリーズ第12作 子供ランド建設にデザイナーとして関わることになった売れない漫画家が偶然手にしたテープは、怪獣を呼び寄せる力を...

『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』(1972)強力タッグ・チーム初登場!のはずが… from 良い映画を褒める会。

 冒頭で伊福部昭の音楽とビームの閃光とともに現れるスタッフ・ロールを見たときには「もしかして素晴らしい作品なのかもしれない」という期待を抱かせたのがシリー...

映画「 ゴジラ対メカゴジラ 」鑑賞 from C級セールスマン講座

今から32年前、1974年3月21日に劇場公開された「 ゴジラ生誕20周年記念映画 」の「 ゴジラ対メカゴジラ 」のビデオをレンタルして鑑賞しました。 ...

comments

ガイガンは一番好きな怪獣です。でも、この映画も旧作品からの映像の流用が多いですね。怪獣ブームとは言いながら、予算削られてたんでしょうね。
 この映画は確か「東宝チャンピオンまつり」で見たんだったかな?「帰ってきたウルトラマン」「ミラーマン」などと一緒に見た気がします。

  • TOM
  • 2007年01月29日 00:19

この頃になるとテレビの特撮番組との差別化、というかなんというか、あんまり差が無いような気がします。流用も多いし、話の流れもテレビ的なような気がします。特に次作の「対メガロ」なんかは出来の悪いテレビ特撮と言っても良いぐらいのクオリティでしたから。

  • blue
  • 2007年01月30日 13:10

当時凄く人気のあった怪獣だったのに、平成シリーズで再登場しなかったのが不思議です。ファイナル・ウォーズでリメイク?されたガイガンを見たけど、でもちょっと違うんだよなー。(って何が??)

  • carl
  • 2007年02月01日 09:42

ガイガンは、確かに平成以降のシリーズで復活してこなかったのが不思議ですね。怪獣としては良く出来てるんだけど、『地球攻撃命令ゴジラ対ガイガン』という映画自体の出来が他のゴジラ映画に較べてあまり良いほうではないですからね。そのへんがガイガンが軽く扱われやすい原因かも。

  • axis_009@管理人
  • 2007年02月10日 12:39


comment form

(Godzilla and Other Assorted Fantastic Monsters にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


バンダイネットワークス株式会社

amazon.co.jp


ゴジラ DVDコレクションI
ゴジラ DVDコレクションI(5枚組)
■ゴジラ
■ゴジラの逆襲
■キングコング対ゴジラ
■モスラ対ゴジラ
■特典ディスク
『海外版 モスラ対ゴジラ』


ガメラ生誕40周年記念 Z計画 DVD-BOX
B000CEGVJS

Category Archives

クレジットカード




クレジット・カードはメインとサブの2枚を持つのが基本。それ以上の枚数を持っていても、年会費だけ払って使う機会がなかったり、各カードのポイントも分散されて無駄になってしまうだけです。
現在、個人的にオススメの組合せは、プライベート、そしてビジネスに、あらゆる場面で使える"三井住友VISAカード"と永久年会費無料の"楽天カード"の組合せです。VISAとJCBの両方が持てるように楽天KCカードはJCBを選んでおくのがベスト!!


地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン (昭和47年・1972)
[特撮映画レビュー/ストーリー etc.]