Search


since 2006.07.31

Recent Entries

  1. 世界大戦争 (昭和36年・1961)
  2. ノストラダムスの大予言 (昭和49年・1974)

amazon.co.jp


ゴジラ DVDコレクションI
ゴジラ DVDコレクションI(5枚組)
■ゴジラ
■ゴジラの逆襲
■キングコング対ゴジラ
■モスラ対ゴジラ
■特典ディスク
『海外版 モスラ対ゴジラ』


ガメラ生誕40周年記念 Z計画 DVD-BOX
B000CEGVJS

クレジットカード




クレジット・カードはメインとサブの2枚を持つのが基本。それ以上の枚数を持っていても、年会費だけ払って使う機会がなかったり、各カードのポイントも分散されて無駄になってしまうだけです。
現在、個人的にオススメの組合せは、プライベート、そしてビジネスに、あらゆる場面で使える"三井住友VISAカード"と永久年会費無料の"楽天カード"の組合せです。VISAとJCBの両方が持てるように楽天KCカードはJCBを選んでおくのがベスト!!

2007年01月01日

世界大戦争 (昭和36年・1961)

世界大戦争世界大戦争
八住利雄 松林宗恵 円谷英二
東宝 2004-12-23

芸術祭参加作品・日本国民の悲願空しく人類最後の時は来た!
全世界の人々に訴える問題作!

 微妙なバランスの上で成り立っている国家間の対立。当時の東西冷戦構造、世相をストレートに反映させ、現実にも起こり得る"もしも"の世界を破滅への警告と平和への願いを込めて映像化した特撮感動巨編。
 同盟国軍と連邦国軍のICBMミサイル発射シーン、都市破壊シーン等のスペクタクル特撮映像も見事ながら、戦争とは全く結びつかない、ささやかな幸福を望み日々生真面目に生活を営む平凡な庶民の姿をまるで文芸作品のように描き、淡々と最終戦争に向かって進み、一瞬にして人々の幸せ、明るい未来、そして平和な世界を終わらせてしまう非情の物語は、人間ドラマとしても丁寧に描かれているだけに一層胸に迫ると共に、生々しい生活描写ゆえ観客自身にもリアリティーのある悲劇として深く刻み込まれます。


世界大戦争 フランキー堺、乙羽信子、星由里子 笠置丸の船上で最後の時を迎えた高野(宝田明)と婚約者の田村冴子(星由里子)が「サエコ、コウフクダッタネ」「タカノサン、アリガトウ」と明るい未来があったはずの二人が無電の通信文で交わす最後の会話。洋上にあり核ミサイルの被害を免れた笠置丸で江原(笠智衆)が呟く「全世界の人々がもっと早く声を揃えて、戦争は嫌だと言えばよかったんだ。。。人間は素晴らしいものだがなぁ。。。人間は一人もいなくなるんですか。。。」という優しい声だけに余計に胸に響く言葉。
 最終戦争へ向けて逃げまとう人々を横目に「戦争なんかおこるもんか」とやり場の無い怒りと共に自分を言い聞かせるように言い、自宅に残った田村一家の豪華な最後の晩餐。そして抑えきれなくなった無常感に絶叫する田村(フランキー堺)の台詞は偽政者たちの思惑によって全てを奪われてしまう人々の心の叫びを代弁するものであり、涙無しには見られないフランキー堺の物干し台での名演によって、より深く心に響く本作品の根底に流れる重要なテーマ。平凡な庶民の生活の喜怒哀楽と築いてきた幸せを、庶民の生活とは全く関連の無いところで行われる偽政者たちの愚行により一瞬にして奪う核戦争の対比。庶民一人一人に焦点をあてて丁寧に描いているだけに、その時を迎えた人々の恐怖と怒りがリアリティーを持って映画を観る者に迫ります。
 両陣営のジェット機による空中戦での操演、水爆の爆発による爆風でなぎ倒されてゆくビル群の表現、通常の平台の上での撮影だけでなく、シーンによって空中や水槽内に逆さまに吊り下げたミニチュアセットで撮影した火炎や煙の表現テクニックなど、当時の特撮技術の集大成的な特撮映画として高度な技術が惜しみなく使われ、素晴らしい特撮映像を観ることが出来る作品ですが、その特撮シーン全てが本作品で一番訴えたかったテーマをより明確に浮かび上がらせる為だけに丹念に作りこまれたと言っても過言ではありません。


[世界大戦争 - ストーリー]
 戦後16年。日本もようやく復興を果たし、外人記者クラブの運転手・田村茂吉(フランキー堺)の関心は、娘の冴子(星由里子)の結婚と今より少しだけ裕福な生活水準。冴子は笠置丸の通信技師・高野(宝田明)との結婚が決まり、その笠置丸の炊事長・江原(笠智衆)は病後の逸早い回復を望み生きる素晴らしさを感じ、娘の江原早苗(白川由美)も保育園の運営に忙しく日々を送っていた。しかし、そうしたささやかな幸せを望み、慎ましやかに日々生活を送る人々の知らないところで世界の破滅へのカウント・ダウンが始まっていた。
 同盟国軍連邦国軍の緊張高まる38度線。一般市民にとっては実感の無い対立であったが、ある日連邦国軍で開戦のランプが故障により点灯し、核ミサイルが発射体制に入ってしまう。ミサイルの発射は発射寸前で回避されるが、38度線で両軍の小競り合いが起き、小型の核兵器が使用されてしまう。日本政府は平和へ向けての緊急声明を発表して核兵器の使用中止を訴えるが、両陣営は全面戦争へと突入する。。。。


世界大戦争 ポスタースタッフ&キャスト
製作・・・・・・・・・・・・藤本真澄、田中友幸
監督・・・・・・・・・・・・松林宗恵
脚本・・・・・・・・・・・・八住利雄、木村武
特技監督・・・・・・・・円谷英二
音楽・・・・・・・・・・・・團伊玖磨

田村茂吉・・・・・・・・フランキー堺
田村由(茂吉の妻)・・・・・・乙羽信子
田村冴子(茂吉の娘)・・・・・星由里子
田村春江・・・・・・・・富永悠子
田村一郎・・・・・・・・阿部浩司
笠置丸通信技師 高野・・・・・宝田明
笠置丸炊事長 江原・・・・・・笠智衆
江原早苗・・・・・・・・白川由美
ワトキンス・・・・・・・ジェリー伊藤
おはる・・・・・・・・・中北千枝子
鈴江・・・・・・・・・・坂部尚子
有村・・・・・・・・・・石田茂樹
芋やの爺さん・・・・・・織田政雄
石橋・・・・・・・・・・野村浩三
伊本・・・・・・・・・・三田照子
笠置丸船長・・・・・・・東野英治郎
商事会社の女事務員・・・・・清水由記
船会社の女事務員・・・・・・森今日子
近所の人A・・・・・・・中野トシ子
近所の人B・・・・・・・一万慈鶴恵
首相・・・・・・・・・・山村聡
外相・・・・・・・・・・上原謙
防衛庁長官・・・・・・・河津清三郎
官房長官・・・・・・・・中村伸郎
司令官・・・・・・・・・高田稔
ICBM基地司令官・・・・・エド・キーン


(2007/08/19)

| HOME |

2007年01月05日

ノストラダムスの大予言 (昭和49年・1974)

ノストラダムスの大予言 ポスター.jpg
大予言!?降り注ぐ恐怖の大王!

 五島勉のベストセラー『ノストラダムスの大予言』の映画化。戦後日本でタブー視されてきた核を日本映画が扱った問題作。
 人類が悔い改めることなく迎えてしまった1999年、核による人類の滅亡とその後の破滅した世界をリアルに描き、富田勲の荘厳な音楽は核戦争後の破滅した世界の異様な雰囲気を見事に表現していました。


ノストラダムスの大予言 映画公開時(昭和49年・1974)に映画館で一度観ているのですが、放射能の影響による奇形の新人類のデザイン、人食シーン等、諸般の事情から日本ではビデオソフト化されていないため(映画公開途中でカットされたシーンもあります)、その後視聴の機会がありません。そのためレビューを書くには虚ろな記憶に頼るしかないため、本作に関しては再び映画を見直す機会があったときに改めてレビューを書きたいと思います。
 海外では普通にDVDが発売されているようで、その気になれば輸入版を手に入れることは可能みたいですが、積極的に観たいと思うほど面白い映画ではなかった記憶があるので、多分その機会は無いかな。。。。^^;

 印象に残っているのは、やはり映画化を熱心に説いて回り、主人公の祖父の代からの3代を一人三役で演ずる丹波哲郎。鎖国政策を取っている徳川幕府に対して「ノストラダムスが黒舟が来ると予言しているから開国しなければいけない」と皆を説得する映画の冒頭から、丹波哲郎ワールド全開。その説教臭い内容は、今から省みると丹波哲郎自身が執筆した『大霊界』を映画化して大ヒット、その後シリーズ化もされた『丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる』(1989年)に通じるところもあり、当時数少ない(演技は下手だが)国際俳優と呼ばれながらも基本的にはこういうキャラクターだったんだな、というが偲ばれ、この映画での丹波哲郎がもう一度観られるなら機会があれば観てみたい、と唯一この一点でのみ思わせる映画です。

ノストラダムスの大予言 続編の『ノストラダムスの大予言II 恐怖の大魔王』の制作も企画されていましたが、前記した諸般の事情から企画書のみの幻の映画となっています。

*ちなみに同時上映はモンキー・パンチ原作の人気漫画『ルパン三世』を実写映画化した『ルパン三世 念力珍作戦』。ルパン三世を目黒祐樹、次元大介を田中邦衛、峰不二子を江崎英子、そして銭形警部を伊東四朗が演じていました。


ノストラダムスの大予言_新人類[ノストラダムスの大予言 - ストーリー]
 祖父の代より3代に渡ってノストラダムスの予言を研究する環境研究所所長・西山玄学(丹波哲郎)は環境汚染、公害など、人類の荒廃により人類が滅亡すると人々に警告を続けていた。夢の島では巨大ナメクジが出現し、ニューギニアの奥地には巨大コウモリ。人口増加による食糧危機。大気汚染による異常気象。30%を越える奇型児出産率。新種の佝僂病。全てはノストラダムスの予言詩集"諸世紀"に記されたとおりに世界各地で異常現象が頻発。世界中に席捲する地殻変動と異常気象は人々をパニック状態へと陥れてゆく。
 そして、西山玄学の人類滅亡への警鐘に耳を貸さず、悔い改めることのなかった人類に"人類滅亡の予言の日 1999年 7の月"、遂に空から恐怖の大王が降りてきたのだった。。。。


ノストラダムスの大予言 ポスタースタッフ&キャスト
製作・・・・・・・・・・・・田中友幸、田中収
監督・・・・・・・・・・・・舛田利雄
脚本・・・・・・・・・・・・八住利雄
特技監督・・・・・・・・中野昭慶
音楽・・・・・・・・・・・・富田勲

西山良玄・・・・・・・・丹波哲郎(3役)
西山玄哲・・・・・・・・ 〃
西山玄学・・・・・・・・ 〃
中川明・・・・・・・・・黒沢年男
西山伸枝・・・・・・・・司葉子
西山まり子・・・・・・・由美かおる
おりん・・・・・・・・・谷口香
玄武・・・・・・・・・・田遠実
柏尾憲兵少佐・・・・・・青木義朗
大根・・・・・・・・・・竜崎勝
吉浜・・・・・・・・・・佐々木勝彦
井原・・・・・・・・・・武藤章生
木田・・・・・・・・・・浜村純
自衛隊隊長・・・・・・・下川辰平
植物学者・・・・・・・・平田昭彦
動物学者・・・・・・・・小泉博
病院長・・・・・・・・・志村喬
田山・・・・・・・・・・谷村昌彦
学者A・・・・・・・・・加藤和夫
学者B・・・・・・・・・渥美国泰
総理大臣・・・・・・・・山村聡
開発大臣・・・・・・・・瀬良庄太郎
環境庁長官・・・・・・・鈴木瑞穂
官房長官・・・・・・・・内藤武敏
予言の声・・・・・・・・岸田今日子
太田一雄(TVニュースキャスター)・・・・・納谷悟朗
ナレーター:中江真司

ノストラダムスの大予言 サウンドトラック 冨田勲ノストラダムスの大予言
サントラ 冨田勲
バップ 1996-10-02

(2007/08/24)

| HOME |

RHINO Sales Lank



PR


120×90


Shop.TOL