Search


since 2006.07.31


大怪獣バラン (昭和33年・1958)

B0006GB02A大怪獣バラン [DVD]
黒沼健
東宝ビデオ 2005-01-21

秘境の守護神・婆羅陀巍(バラダギ)山神の謎とは何か?ゴジラよりも強く、ラドンよりも速く、陸海空を暴れまわる魔のバラン、遂に帝都を襲う!これこそ空想怪獣映画の決定版!

 海外でのテレビ放映用として受注、製作された特撮怪獣映画ですが、製作途中で米テレビ版での製作がキャンセルされた為、結局劇場公開用映画に変更されています。その為、カラー作品である『空の大怪獣ラドン』(昭和31年・1956)より後発にも拘らず、当初のテレビ放映用での製作という事情からモノクロ作品になっています。
 ムササビのように羽根を広げて飛ぶ伝説の大怪獣バランと東宝ならではの特撮映像に加えて自衛隊の実写映像なども使用した近代兵器の攻防戦が見所。


大怪獣バラン 秘境に奉られた神秘的な"婆羅陀巍"伝説の恐怖を描いた怪奇秘境物テイストの前半部分と東京に出現した"バラン"と"防衛隊"との攻防戦を中心に描いた後半部分がストーリー的にはバランス良く構成されていますが、前半の好調な展開から一転、後半部分では演出面でのメリハリに欠けており(特に羽田上陸まで)、トータルで見ると決して傑作怪獣映画と言える作品に仕上がっていないのは残念なところです。しかし、山々に囲まれた秘境の湖、婆羅陀巍山神社のセットなど、映像&美術的には「さすが東宝の特撮映像」と呼べる部分が多々あり、特撮怪獣映画ファンなら一度は観ておいて損の無い作品ではあります。
 より強力な破壊力、そして華麗に空を飛ぶという"ゴジラ"、"ラドン"を超える存在として産み出された"バラン"は造型も素晴らしく、陸海空での戦いに秀でているという設定もあり、ゴジラ、ラドン、モスラと並ぶ人気怪獣となる可能性を秘めた怪獣でしたが、残念ながら映画自体の出来が悪かった為か、単独主演映画を持つ怪獣の中では最も一般的な知名度は低く、熱心な怪獣ファンにのみ評価される怪獣となったのは残念。これだけ魅力的な怪獣を創造しておきながら、この程度の作品に終わらせてしまったというのは、元々は海外でのテレビ放映用としての製作、発注側からのキャンセルなどで低予算で完成させなければならなかったという事情があるにせよ、あえていうなら本多円谷伊福部トリオの黄金期にあって数少ない失敗作の1つです。

 特撮部分での最大の見所は、冒頭にも書いたように、防衛隊が行った山中でのバランへの総攻撃シーン、そして大きく作りすぎてしまったと言われる精巧な羽田空港の巨大なミニチュア・セット上で行われるバランの上陸、そして防衛軍との攻防戦シーンです。


大怪獣バラン.jpg[大怪獣バラン - ストーリー]
 東北の北上川上流にある日本のチベットと呼ばれる秘境でシベリアにしか生息しない筈の蝶、"アカボシウスバシロチョウ"が発見され、杉本生物学研究所所員が調査に向かう。しかし研究所員2名が乗っていた車ごと潰されるという謎の死を遂げ、研究所員の魚崎健一(野村浩三)と犠牲者の妹で新聞記者の由利子(園田あゆみ)は"婆羅陀巍の怒り"だと噂する地元の人間の声を耳にする。
 2人は問題となる岩屋村の調査を開始。やがて婆羅陀巍山神社で奇怪な石像に祈りを捧げる村人達を発見、魚崎は「今こそ迷信を打ち破る時です。」と村人達の制止も聞かず聖域へと踏み込んで行く。何も起こらず村人達も迷信かと思い始めたとき、湖から巨大なトカゲ、1億8千年前の中世代の恐竜・バラノポーダーが出現する。
 通称として"バラン"と呼ばれることになった怪獣は付近の村を壊滅させ、防衛隊はバランの都市部への進撃を抑えるため総攻撃を開始。しかし、バランはムササビの様に手足についた膜状の羽を広げて飛び立ち、何処かへと消える。そして、海中に隠れたバランは徐々に移動しながら、遂には帝都・東京の玄関口である羽田空港に突如として上陸した。。。。


大怪獣バラン_ポスター.jpgスタッフ&キャスト
製作・・・・・・・・・・・田中友幸
監督・・・・・・・・・・・本多猪四郎
特技監督・・・・・・・・・円谷英二
脚本・・・・・・・・・・・関沢新一
原案・・・・・・・・・・・黒沼健
音楽・・・・・・・・・・・伊福部昭

バラン・・・・・・・・・・中島春雄
 
魚崎健二・・・・・・・・・野村浩三
新庄由利子・・・・・・・・園田あゆみ
堀口元彦・・・・・・・・・松尾文人
新庄一郎・・・・・・・・・伊藤久哉
河田豊・・・・・・・・・・桐野洋雄
杉本博士・・・・・・・・・千田是也
馬島博士・・・・・・・・・村上冬樹
藤村博士・・・・・・・・・平田昭彦
防衛庁長官・・・・・・・・山田巳之助
草間一佐・・・・・・・・・草間璋夫
勝本三佐・・・・・・・・・土屋嘉男
艦長・・・・・・・・・・・田島義文
婆羅陀巍山神社・神主・・・・瀬良明
一作・・・・・・・・・・・山田彰
次郎・・・・・・・・・・・伊原徳
三吉・・・・・・・・・・・伊東隆
三吉・母親・・・・・・・・・本間文子


(2007/02/18)

B0006GB02A大怪獣バラン [DVD]
黒沼健
東宝ビデオ 2005-01-21

| HOME |
バンダイネットワークス株式会社

trackbacks

大怪獣バラン 今年の77本目 from 猫姫じゃ

大怪獣バラン   1958年 東宝怪獣シリーズ   ゴジラ  が1954年ね。そのあと、ゴジラの逆襲&nb...

『大怪獣バラン』(1958) from 【徒然なるままに・・・】

ゴジラ、ラドンに次いで単独主演作を持っている東宝怪獣、というとモスラの名前が挙がりそうだが、実はその前にバランがいる。初めてのワイド画面の怪獣映画ではある...

大怪獣バラン (1958) 87分 from 極私的映画論+α

「婆羅陀魏」読めます?(笑) まあ、そのまんまなんですが(^^;

『大怪獣 バラン』(1958)ゴジラのスタッフが三流俳優を主役に使って製作したパロディー? from 良い映画を褒める会。

 おそらくほとんどの方が見たことも聞いたこともないような特撮怪獣映画、それがこの『大怪獣 バラン』です。何故忘れ去られてしまったのか。東宝からも見捨てられ...

comments

>>熱心な怪獣ファンにのみ評価される怪獣
僕も好きな怪獣です。デザインは良いんだけどなぁ。
動きやすくするために着ぐるみを薄く作っているらしいんですが、その辺が大怪獣としての重厚感に欠けるのかもしれません。
映画としての出来は確かに良くないと思います。映像面で怪獣映画ファンのみにお勧めできる映画ですね。^^;

  • bert
  • 2007年02月19日 09:42

バラン、確かに勿体無いですね。映画自体、一般的に余り知られてませんからね。
あと、名前も。バラン、バラゴン、バルゴン。子供の頃に混同してました。^^;

  • lark
  • 2007年02月24日 17:49

私もバランの造型は好きなんですよ。でも、あのゴジラの焼き直しのようなストーリーではちょっと辛いものがありますね。
羽田空港のセットも良く出来ていて良かったんですが、(予算の関係もあったのかもしれませんが)やっぱりバランが都市部まで侵攻してくれないとねぇ。。。。。

>>着ぐるみを薄く作っている
火を使うシーンでの役者の中島春雄さんの火傷も酷かったらみたいですね。

  • axis_009@管理人
  • 2007年02月27日 19:36

この映画は未見です。バランも写真や「怪獣総進撃」で飛んでるところを見たぐらいです。レビューを読むと設定的には面白そうだけど、出来は良くないみたいですね。でも、良くないといわれても見ていないだけに、見てみたい気持ちが募ります。ただ、DVDを買ってまで、というところまでには至らないのが悩みどころです。

  • 氷川
  • 2007年07月10日 02:58


comment form

(Godzilla and Other Assorted Fantastic Monsters にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


バンダイネットワークス株式会社

amazon.co.jp


ゴジラ DVDコレクションI
ゴジラ DVDコレクションI(5枚組)
■ゴジラ
■ゴジラの逆襲
■キングコング対ゴジラ
■モスラ対ゴジラ
■特典ディスク
『海外版 モスラ対ゴジラ』


ガメラ生誕40周年記念 Z計画 DVD-BOX
B000CEGVJS

Category Archives

クレジットカード




クレジット・カードはメインとサブの2枚を持つのが基本。それ以上の枚数を持っていても、年会費だけ払って使う機会がなかったり、各カードのポイントも分散されて無駄になってしまうだけです。
現在、個人的にオススメの組合せは、プライベート、そしてビジネスに、あらゆる場面で使える"三井住友VISAカード"と永久年会費無料の"楽天カード"の組合せです。VISAとJCBの両方が持てるように楽天KCカードはJCBを選んでおくのがベスト!!


大怪獣バラン (昭和33年・1958)
[特撮映画レビュー/ストーリー etc.]